★食卓の味方 !★ イワシ

島国の日本では様々な水産物が獲れます。

では、最も私たちの生活に身近な「魚」と言ったら何を思い浮かべますか??


あじ、鮭、ししゃも、まぐろ....

たくさん挙げられると思うのですが、やはり忘れてはならないのが...


「イワシ」です!


今回は、食卓の強い味方『イワシ』についてご紹介します!


世界中で食べられるイワシ

イワシは生物学的な分類では、「ニシン目」に属している魚なので鰊の仲間です。

イワシは回遊魚なので、通年で水揚げされます。

日本では種類にもよりますが6月~10月が特に多く水揚げされます。


世界中で水揚げされるため、他の国でもイワシはとてもポピュラーな魚なのです。


例えばポルトガルやスペインでは、日本と同じように塩焼きが定番です。

(焼いてからワインビネガーをちょっと加えます。これオススメです!)

イワシの酢漬けもタパスでは定番ですし、アヒージョやアンチョビはもう有名ですよね。

韓国・中国・日本の東アジアではイワシを魚醤として調味料にも使いますし、東南アジアではイワシの缶詰がスーパーに大量に並んでいます。


アメリカでは青魚が敬遠されるイメージがありますが、それでも缶詰の「オイルサーディン」は一般的です。


そういえば、ロシア語でイワシは「イヴァーシー」と言うようで、これは日本語のイワシが由来らしいですよ。

(ロシア人の知り合いが居ないので、聞いた話ですが...)


「いわし百匹 頭の薬」

そんな世界中で愛されるイワシ、安価で美味しい食卓の味方ですが、何と言ってもその栄養価に触れないわけにはいきません。


少し前に「さば缶詰」が流行りましたが、今は「いわし缶詰」も注目されています。

特にダイエット関連で取り上げられることも多く、高たんぱく・低糖質な上に他の栄養素も抜群です。

高血圧やコレステロールに効果が期待されるEPA、脳細胞を活性化させるDHA、さらにカルシウムも豊富ですし、その吸収を促すビタミン群も多く含有されています。完璧...。


まさに人類を支えてきた魚と言っても過言では無いですね!


イワシの種類

イワシは3種類ありまして、それぞれ特徴が違います。


<真いわし>

「真」という程ですから、イワシといえばコレです。

通年多く水揚げされますが、実は00年代に入って漁獲量が大きく減少しました。

少し戻ってきていますが、ピーク時の半分に満たないためやや相場も高くなっていますね。


色々な食べ方ができますし、加工もされます。

特に6月から太平洋側で獲れる真いわしは、「梅雨いわし」とも呼ばれ脂がのります。

寿司屋で出るイワシはこの真いわしですね。

鮮度良く脂がのった真いわしは絶品です!


<うるめいわし>

目が大きく潤んでいるように見えるので「潤目いわし」。

漁獲量は3種の中で一番少ないイワシです。

脂は比較的少ないため、加工品、特に干物にされることが多いです。

味の濃さは充分なので、丸干しに適しています!

「うるめいわし丸干し」は干物好きには人気ですよね。

鮮度の良いうるめいわしを一夜干しにすると、「ワタ」に違いが出ます。

苦みやコクが全く嫌な感じを残さず、フレッシュ感があります。


<かたくちいわし>

アゴが小さく片口に見えることが由来です。

また、背中が黒いため背黒イワシと呼ばれることも。


かたくちいわしは3種の中で一番小型になります。

一番私たちに馴染みあるイワシかもしれません。

なぜなら、稚魚が「しらす・ちりめん」だからです!


「しらす」と「ちりめん」の違いを少しだけ。

乾燥度によって名前が変わります。

日本だと東西で食べる文化が若干違いますよね!

西はやはり「ちりめんじゃこ」が一般的ですが、東になると「釜揚げしらす」です。

これはスーパーに行くと全く陳列されている量が違うので面白いです。


ちなみに、成魚に近づくと「田作り(ごまめ)」と呼ばれて、おせち料理でも有名です。


いかがでしたか?

3種それぞれ美味しいイワシ。

現代では食べる機会が減ってきていますが、昔から日本でも食卓の味方です。

栄養にも優れますので、ぜひ食べてくださいね!



© 2019 さかな組商店