★新物★ ハタハタが旬です!

以前、『ハタハタ丸干し』をご紹介しました。

食べやすく脂にクセも無い、当店でも長く愛されている丸干しです。

そのハタハタ、まさに今が良い時期です!

今回はハタハタをもう少し詳しくご紹介!


ハタハタといえば、〇〇県

ハタハタといえば、どの県が浮かびますか?


おそらく秋田県ではないでしょうか。

「県魚」にもなっているほど<秋田といえばハタハタ>、有名です。

魚醤で味付けした「しょっつる鍋」やハタハタ寿司など郷土料理でもお馴染みです。


この秋田のハタハタは、卵を持ったメスです。

(ブリコと呼ばれます)

秋田県沖に産卵のために集まってきたところを漁獲します。

それが11月~12月の冬。

秋田ではハタハタは別名「カミナリウオ」なんて呼ばれています。

これは雷が起こる冬の荒れた海で獲れることが由来と言われます。


「ハタハタといえば冬が旬」というのは、このためですね。


もうひとつの旬!?

実はハタハタはもうひとつ旬があります!


秋田県と並ぶ、もしくはそれ以上の漁獲量があるのが島根・鳥取の山陰地方です。

こちらで獲れるハタハタは主にオス。

成長期にあるハタハタが餌を求めて山陰沖に集まります。

産卵が目的では無いため、活発に動く脂のノリが良いものが獲れます。

この漁が年末から5月頃まで行われます。


特に年始から徐々に始まる『春漁』が有名です。

その脂のノリから、<とろはた>と呼ばれているんです!

この<とろはた>は、骨も柔らかく身離れも良いため、非常に食べやすい!

まさに丸干しにピッタリです。


卵を持った「ブリコ」の旬は、冬。

オスの<とろはた>の旬は、春。


島国ならでは、季節をまたいで美味しくいただける魚ですね!


『塩入れ』こだわってます!

当店で扱っている『ハタハタ丸干し』は2種類あります。

どちらも山陰産の<とろはた>です。

違いは、『塩』です。


ひとつは、塩入れの工程にこだわりました。

通常は塩水に漬けて塩入れし、その後に乾燥工程に入ります。

(詳しくは以前ご紹介した『干物のはなし』をご覧ください)


ここで塩水に漬けるのではなく、塩をまぶして一晩置きます。

一見、塩が入りすぎてしょっぱくなりそうですが、そこは職人の腕の見せ所。

臭みを消し魚の旨みをクッキリ際立たせます。


もう一つは、使用する塩に紀州の『梅塩』を使った丸干しです。

こちらも梅塩がまろやかさを加え、旨みをさらに奥深くします。


『ハタハタ丸干し』は年間お取り扱いしておりますが、今が本当に良い時期です!

ぜひご賞味くださいませ!


© 2019 さかな組商店